YUKIO KAGAYAMA

team kagayama 加賀山就臣
加賀山 就臣
Date of Birth:1974/5/7 Birthplace:Yokohama-shi Blood Type:A Hobby:Bicycle,Golf
1990年(15歳)よりレース活動を開始し、18歳でスズキワークスに入りマシン開発を担当。1995年から全日本選手権への参戦に加え、世界グランプリにスポット参戦を行う。2001年の鈴鹿8時間耐久では3位表彰台を獲得。2003年よりBSBブリティッシュスーパーバイク選手権にフル参戦を開始し、その後ワールドスーパーバイク選手権へ。2007年の鈴鹿8時間耐久では悲願の優勝を果たし、2010年までの8年間をヨーロッパを拠点とし、海外開催のレースを続けていました。

そして、2011年より主戦場として選んだのが「全日本ロードレース選手権シリーズ」でした。自身をライダーとして、人として育ててくれたこのレースに為に、自分に出来る事、また自分にしか出来ない事は何かと考え「自らのチーム設立」の結論に至りました。海外で培った経験やノウハウを基にチーム運営を行い、観客を魅了する事を常に考え、企画し行動で示す事によって、日本レース界の現状に一石を投じ、いずれは業界全体の発展に繋がるとも考えました。また同時に、自身がレーサーとして出来る事は何かと考え、このモータースポーツを通じ「夢を持つ事」「人に夢を与える事」「ひとつの物事を続けていく事」「多くの人に感動を与え続けていく事」という4つの大切な事を伝えていく為に、良いレースを行う事だと思いました。それらの思いを行動に移し、2013年からは自らのチームで鈴鹿8時間耐久へと参戦し、連続表彰台獲得を達成しました。

RACE HISTORY

1990年 15歳でレース活動開始
1993年 国際A級昇格 スズキワークスに入りマシン開発を担当
全日本TT‐F1.GP250にスポット参戦
1995年 全日本スーパーバイク[ランキング11位]
1996年 全日本GP250[ランキング10位]
1997年 全日本GP250[ランキング3位]
世界グランプリ250スポット参戦[6位]
1998年 全日本GP250[ランキング13位]
世界グランプリ500スポット参戦[6位]
世界グランプリ250スポット参戦[6位]
1999年 全日本スーパーバイクスポット参戦[2位]
世界グランプリ500スポット参戦[11位]
2000年 全日本スーパーバイク[ランキング7位]
2001年 全日本スーパーバイク[ランキング4位]
鈴鹿8時間耐久ロードレース[3位]
2002年 全日本スーパーバイク プロトクラス参戦[3勝]
世界選手権シリーズ MotoGPクラススポット参戦
2003年 ブリティッシュスーパーバイク選手権[ランキング7位]
世界選手権MotoGPクラススポット参戦
ワールドスーパーバイクスポット参戦
2004年 ブリティッシュスーパーバイク選手権[ランキング3位]
世界選手権MotoGPクラススポット参戦
鈴鹿8時間耐久ロードレース[2位]
2005年 ワールドスーパーバイク[ランキング5位]
鈴鹿8時間耐久ロードレース[10位]
2006年 ワールドスーパーバイク[ランキング7位]
2007年 ワールドスーパーバイク[ランキング13位]
鈴鹿8時間耐久レース[優勝]
2008年 ワールドスーパーバイク[ランキング11位]
鈴鹿300km耐久ロードレース[優勝]
鈴鹿8時間耐久ロードレース[4位]
2009年 スーパーバイク世界選手権[ランキング12位]
2010年 ブリティッシュスーパーバイク選手権[ランキング15位]
鈴鹿8時間耐久ロードレース[6位]
2011年 Team KAGAYAMA 発足
全日本ロードレース選手権 JSB1000クラス[ランキング4位]
鈴鹿8時間耐久ロードレース[2位]
2012年 全日本ロードレース選手権 JSB1000クラス[ランキング8位]
鈴鹿8時間耐久ロードレース[15位]
世界耐久選手権[年間チャンピオン]
2013年 全日本ロードレース選手権 JSB1000クラス[ランキング10位]
鈴鹿8時間耐久ロードレース EWCクラス[3位]
2014年 全日本ロードレース選手権 JSB1000クラス[ランキング5位]
鈴鹿8時間耐久ロードレース EWCクラス[3位]
2015年 全日本ロードレース選手権 JSB1000クラス[ランキング12位]
鈴鹿8時間耐久ロードレース EWCクラス[3位]
アジアロードレース選手権
SS600クラス チームオーナー兼総合監督就任
SUZUKI ASIAN CHALLENGEクラス ゼネラルマネージャー就任
2016年 全日本ロードレース選手権 JSB1000クラス[ランキング8位]
鈴鹿8時間耐久ロードレース EWCクラス[6位]
アジアロードレース選手権継続
2017年 全日本ロードレース選手権 JSB1000クラス[ランキング10位]
鈴鹿8時間耐久ロードレース EWCクラス[17位]
アジアロードレース選手権
SUZUKI ASIAN CHALLENGEクラス ゼネラルマネージャー
2018年 全日本ロードレース選手権 JSB1000クラス[ランキング10位]
鈴鹿8時間耐久ロードレース EWCクラス[11位]
2019年 全日本ロードレース選手権 JSB1000クラス[ランキング7位]
鈴鹿8時間耐久ロードレース EWCクラス[5位]

MACHINE / SUZUKI GSX-R1000

エンジン SR-VVTカムシャフト・CNCポーティング・スリッパークラッチ
※SUZUKIファクトリー製
マフラー ヨシムラ製フルチタニューム4‐2‐1システム
スパークプラグ NGKレーシングプラグ
エンジンオイル Verity FSracing 10w-30
ダンパー OHLINS
ブレーキ Brembo Racing
ホイール ゲイルスピード(アルミ鍛造)
フレーム STD改(溶接補強・CNC追加工)
スイングアーム SUZUKIファクトリー製
リンク Team KAGAYAMAオリジナル
ステアリング Team KAGAYAMAオリジナル(可変オリジナル)
フットレスト BabyFace
チェーン RK
ファスナー  ベータチタニウム
マシンデザイン TWT
ペイント キングカスタムペイント

SHO HASEGAWA

team kagayama 長谷川聖
長谷川 聖
Date of Birth:2000/7/23 Birthplace:Kagoshima Blood Type:O Hobby:Bicycle
父親の影響もあり 5歳でポケバイデビュー。13歳から CLUB Y’s よりロードレースへ参戦開始。2013年 岡山ロードレース選手権CBRドリームカップ ランキング4位。翌年 2014年からは 鈴鹿サンデーロードレースCBRドリームカップ と 岡山ロードレース選手権CBRドリームカップの 2シリーズに参戦。同年 鈴鹿サンデーロードレースCBRドリームカップ ランキング8位。岡山ロードレース選手権CBRドリームカップ ランキング6位。2015年からは 2シリーズ参戦で J-GP3クラスにランクアップ。鈴鹿サンデーロードレース J-GP3クラス 年間チャンピオン。岡山ロードレース選手権 J-GP3クラス 年間チャンピオンと2冠を取る。

2016年からは 全日本ロードレース選手権 J-GP3クラスに参戦。同年ランキング13位。2017年 ランキング13位。2018年はランキング4位とジャンプアップ。2019年には全日本ロードレース選手権 J-GP3クラス 年間チャンピオンを獲得し 確実にスキルアップをして来た。2020年は 新たにクラスが作られた ST1000クラスに Team KAGAYAMA より参戦しより高いスキルアップを目指しチャンピオンを目指す。

RACE HISTORY

2005年 ポケバイデビュー
2013年 CLUB Y’sよりロードレースへ参戦開始
岡山ロードレース選手権CBRドリームカップランキング4位
2014年 鈴鹿サンデーロードレースCBRドリームカップランキング8位
岡山ロードレース選手権CBRドリームカップランキング6位
2015年 鈴鹿サンデーロードレースJ-GP3チャンピオン
岡山ロードレース選手権J-GP3チャンピオン
2016年 全日本J-GP3ランキング13位
2017年 全日本J-GP3ランキング13位
2018年 全日本J-GP3ランキング4位
2019年 全日本ロードレース選手権 J‐GP3クラスチャンピオン

MACHINE

エンジン STD(スリッパークラッチ変更)
フルチタニュームエキゾースト
マフラー Sprint Filter
スパークプラグ NGKレーシングプラグ
エンジンオイル Verity FSracing 10w-30
ダンパー OHLINS
ブレーキ Brembo Racing
ホイール STD
フレーム STD
スイングアーム STD
リンク STD
ステアリング STD
フットレスト BabyFace
チェーン RK
ファスナー  ベータチタニウム
マシンデザイン TWT
ペイント キングカスタムペイント